藤井 亮輔 / 藤田医科大学【サミット2020登壇者紹介】

所属

藤田医科大学 医療科学部臨床検査学科

プロフィール

臨床検査学をバックグランドとして、ヒト集団を対象とした分子疫学研究に携わっている。特に、ゲノムやエピゲノムに注目し、個人の遺伝的な背景による疾患の感受性の違いや生活習慣と疾患との関連を結びつけるメカニズムの解明に取り組んでいる。これまでに10編以上の筆頭論文を執筆しており、主要な論文として、Fujii R, et al. Am J Clin Nutr (2019) がある。さらに、統計解析ソフトRの使い方に関する動画チャンネルを公開したり、研究の実践に使える話題を提供するブログも執筆している。ぜひこちらもご覧頂きたい。趣味は料理、サッカー、地図を眺めること。

FUJI LABO(YouTube):

https://www.youtube.com/channel/UCfJMWKXQMvs_j8nbucWbQzA/featured

統計学と疫学と時々、助教生活(ブログ):

https://jojoshin.hatenablog.com/

略歴

愛知県岡崎市生まれ、岐阜県多治見市出身。2013年に藤田保健衛生大学(現:藤田医科大学)を卒業し、名古屋大学大学院医学系研究科へ進学、2018年に博士号(医療技術学)取得。2013年博士課程教育リーディングプログラム「PhDプロフェッショナル登龍門」(名古屋大学)に一期生として参加、2018年修了。2018年から藤田医科大学医療科学部臨床検査学科に入職し、現在に至る。

@RF_epidemiol

 

登壇セッション

その他の登壇者紹介

メニュー