13:30~データサイエンスで国も地域もここまで変わる

12月3日(木) 13:30~15:00

企画担当:小山晃英
企画の言葉:デバイスや技術進歩により、データとして得られる情報が多くなり、医療界においても、研究チームに生物統計学の専門家やデータサイエンティストが加わることが必要になっている。このデータサイエンスの視点は、集団を対象とする公衆衛生に欠かせないものである。ここでは、国や地域作り、研究に生かせるデータサイエンスについて学ぶ機会を提供する。

座長:小山 晃英 (京都府立医科大学)、藤井 亮輔(藤田医科大学)

コメンテーター:山内 成介(元任天堂香港社長)

最先端IT国家エストニアから学ぶスマートウェルネスシティの作り方

演者:須原 誠 (エストニア共和国大使館全権大使特別補佐官)

「地域における医療機関のDXの重要性〜データ活用と業務効率化〜」

演者:向縄 嘉律哉 (DataGateway株式会社 代表取締役)

「ディスカッション」

 

【病院マーケティングサミットJAPAN2020】
会場:EventHubオンライン会場

メニュー