横尾 英孝/ 千葉大学医学部附属病院【サミット2019登壇者紹介】

コメンテーター

横尾英孝 / HIDETAKA YOKOH

千葉大学医学部附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 助教

登壇セッション

プロフィール

糖尿病内科医として診療や多施設共同臨床研究に携わりつつ、コーチングによる多職種チーム医療の活性化や医療従事者の人材育成に取り組む。
日本臨床コーチング研究会では幹事を務め、医療コミュニケーションの技術向上を目指した医学教育研究にも着手している。

略歴

1998年 開成高等学校卒業
2005年 千葉大学医学部医学科卒業
同年   東京歯科大学市川総合病院 初期臨床研修医
2007年 千葉大学医学部附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 医員
2011年 千葉大学医学部附属病院 臨床試験部 特任研究員
2014年 総合病院国保旭中央病院 糖尿病代謝内科 医長
2016年 千葉大学医学部附属病院 総合医療教育研修センター 特任助教
2019年 千葉大学医学部附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 助教

資格

日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本内科学会JMECC(内科救急・ICLS講習会)インストラクター
日本コーチ協会認定メディカルコーチ
(一財)生涯開発学習財団認定マスターコーチ
日本医療マネジメント学会医療福祉連携士

学会活動・受賞歴

日本内科学会ことはじめ2019名古屋 優秀指導教官賞

サミット2019の演者紹介

あらゆる組織に必要とされるマーケティング発想―病院における実践とは?

マーケティングは難しいもの、自分とは関係ない仕事、と思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、市場の成熟化が進む現代の日本では、あらゆる組織にマーケティング的思考が必要とされています。もちろん病院・医療機関も例外ではありません。そこで本講演ではマーケティングの理論や、フレームワークを解説するのではなく、マーケティング的な思考、そのエッセンスを皆さんが体感できるような内容を予定しています。地域の方に愛され、そして患者さんに選ばれる。ブランド力を持った病院経営、そのマーケティング、ブランディングのアプローチをお話しします。

参加者へのメッセージ

2014年から獨協医科大学病院臨床研修センター・センター長を仰せつかって、どのようにしたら獨協医科大学病院に初期臨床研修医が来てくれるか、どのようにしたら獨協医科大学の魅力を知ってもらえるか、いろいろ悩みながら戦略を練って実行してきました。病院マーケティングサミットジャパンの参加の皆様にお役に立つことがお話しできれば幸いです。

メニュー