16:00~妊活・妊娠について逃げずに語るべき時がきた! ~ 社会全体で向き合うプレコンセプションケア ~

12月2日(水) 16:00~17:20

企画担当:留目 真伸(SUNDRED株式会社 代表取締役)、竹田陽介(株式会社Vitaly代表取締役、病院マーケティングサミットJAPAN代表理事)、岸拓弥(国際医療福祉大学大学院医学研究科循環器内科 教授)、奥谷孝司(オイシックス・ラ・大地株式会社 執行役員)
企画の言葉:女性には、妊娠・出産において身体的なタイムリミットがあり、個人差もあります。少子化が大きな社会課題と言われながらも、日本人の妊娠・出産に関する知識レベルは他国に比べて低く、また、社会の仕組みもそれをサポートしているとは言い難い状況です。結婚する・しない、生む・生まないの選択は個人の自由ですが、「正しい知識」と「適切な環境」があった上で自由な選択がなされるべき。プレコンセプション(受胎前)ケアと社会システムのあるべき姿について議論していきます

座長:留目 真伸(SUNDRED株式会社 代表取締役)、吉野 正則(北海道大学COI プロジェクトリーダー、株式会社日立製作所基礎研究センター シニアプロジェクトマネージャー)

コメンテーター:吉田 直樹(株式会社三菱総合研究所 参与)、宋美玄(丸の内の森レディースクリニック)

キーノート「Inclusive Life in Society 5.0 – 北海道大学COI『食と健康の達人』拠点の取り組み」

演者:吉野 正則(北海道大学COI プロジェクトリーダー、株式会社日立製作所基礎研究センター シニアプロジェクトマネージャー)

演題「日本のプレコンセプションケアを考える

演者:荒田 尚子(国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 母性内科診療部長)

演題「私がFemTech事業を始めた理由と実現したいこと

演者:坂梨 亜里咲(MEDERI株式会社 代表取締役)

演題「日立製作所内のグループによるライフプランニング・プロジェクト

演者:松野 真由子(株式会社日立製作所 金融システム営業統括本部 金融営業第一本部 第一部)

ディスカッション「妊活・妊娠について逃げずに語るべき時がきた!」

全員

【病院マーケティングサミットJAPAN2020】
会場:EventHubオンライン会場

メニュー