豊田 郁子 / 患者・家族と医療をつなぐNPO法人架け橋【サミット2020登壇者紹介】

豊田 郁子 / Ikuko Toyoda

患者・家族と医療をつなぐNPO法人架け橋

プロフィール

患者・家族と医療をつなぐNPO法人架け橋 理事長
イムスリハビリテーションセンター東京葛飾病院 医療対話推進者

2003年3月、医療事故で長男(当時5歳)を亡くす。
同年12月より医療事故の経験を語る講演活動を始める。
2004年10月、新葛飾病院に入職し、医療安全対策室・患者支援室を開設。
2012年4月、NPO法人設立。2016年7月より病院機能転換のため現在の病院に勤務。

厚労省 診療行為に関連した死亡に係る死因究明等の在り方に関する検討会や医療事故調査制度の施行に係る検討会の構成員などを歴任し、現在は産科医療補償制度 原因分析委員会、医療事故調査制度 医療事故調査・支援センター 総合調査委員会ほか、千葉県病院局、都内大学病院の医療安全監査委員会や群馬大学病院の患者参加型医療推進委員会に参画し、委員を務めている。

著書
「うそをつかない医療―患者と医療者をつなぐ仕事」(亜紀書房)増補新版2016年

メニュー