永井 仁 / 社会医療法人杏嶺会一宮西病院【登壇者紹介】

永井 仁 / Hitoshi Nagai

社会医療法人杏嶺会一宮西病院 法人本部総務部・広報戦略室 係長

プロフィール

1975年(昭和50年)生。岐阜県出身。国立岐阜大学教育学部卒。新卒で広告業界へ就職、法人営業を約9年、メディアプランニングを約5年経験。2012年4月より一宮西病院へ勤務、同年9月より広報担当となり現在に至る。 病院の内外を問わず、様々なメディア・チャネルを介した広報を実践すると同時に、経営(集患)へ直結する戦略的広報にも注力。 “病院と患者さんのベストマッチこそが病院広報の本分”と位置付け、常に患者さん目線、一般市民目線を意識した広報に取り組む。 〈主な受賞歴〉 ●第68回日本病院学会「優秀演題」受賞(2019年8月) <演題>病院と患者さんのベストマッチングを目指して~積極的リリース戦略で躍進し続けるメディア露出~ ●第23回全国病院広報研究大会「BHIアワード2019最優秀賞」受賞(2019年10月) <演題>愛のある一宮“愛フェス”は家族の健康を守る~市民団体との協働で生まれたオリジナル啓発イベントのお話~

メニュー