竹田 陽介 / YOSUKE TAKEDA 【病院マーケティングサミットJAPAN 代表理事】

演者

竹田 陽介 (株式会社ヴァイタリー)

登壇セッション

略歴

循環器内科医としての診療に加え、医療コミュニケーション及び医療広報を専門とした研究に取り組む。2016年頃より医療広報における“Evidence Based PR(根拠に基づいた広報)”を提唱し、医療機関や学会を対象としたwebブランディングを数多く成功させる。現在、ヴァイタリー代表及び先端医療コミュニケーション研究所所長として講演、監修、研究、人材教育に取り組む。

・2006年 獨協医科大学医学部 卒業
同年 順天堂大学附属病院 臨床研修医
・2008年 獨協医科大学附属病院 循環器内科 医員
・2014年 株式会社Vitaly 代表取締役
・2017年 株式会社Vitaly 先端医療コミュニケーション研究所 所長(兼任)

プログラム紹介

昨今、スマートフォンを中心とした日常的なインターネット利用が現代人のライフスタイルに深く結びつき、病院広報の領域においてもwebサイトやSNSを積極的に広報活用する医療機関は年々増加している。今や医療機関にとっての「web」は患者、医療職(求職者、開業医や周辺医療機関職員など)とのコミュニケーション・チャネルとして大きな役割を担い、単にwebサイトを開設して静的なwebコンテンツを掲載しているだけでは不十分なwebコミュニケーションと言わざるを得ない。
我々が実施した全国病院webサイト調査研究2017や実際の病院webコミュニケーション成功事例のデータからは、病院広報のターゲットである患者や医療職に向けたwebコンテンツを動的に更新することが病院への注目度を大きく増加させ、患者や医療職をより効果的に病院のファン(高親和性ユーザー)に変えることが示されている。
本レクチャーでは、病院におけるwebコミュニケーションの軸となる「患者や医療職をファンにするwebコンテンツの企画、制作、評価」の最新ノウハウを共有し、病院webコミュニケーション活性化に向けた課題と解決策を全員で考える時間としたい。

その他のプログラム紹介

見つかりませんでした。

メニュー