開催挨拶

「病院マーケティングサミットJAPAN」は、良質な医療を提供する病院が、患者や医療職(紹介元、求職者)から真っ当に選ばれるための病院広報・マーケティング手法を広く議論するために発足した、新しい医療マーケティングのシンポジウムです。今では、医療関係者を中心に1,200人を超える参加するイベントとなっています。2018年の初回開催以来、今年で4回目を迎えます。

コロナ禍は病院の、そしてそこで働く私たち医療職のあり方を見つめ直すきっかけとなりました。これまでは医療行為とは病院内で完結するものでした。具合の悪い人が病院に行き、医師とともに病院の「中」で治療を受ける。しかし、コロナで状況は一変しました。昨日まで健康だった人が突然感染し、病院だけでなく自宅やホテルを治療の場とせざるをえないようになったからです。つまり、「いつでも、誰でも、患者になり、どこでも、治療を受ける」状況となっています。

こうした社会的状況の大きな変化に対応するため、医療はどう変わるべきなのか。そのためには、医療は病院という垣根を超え、社会にもっと「打って出る」必要があります。「打って出る」とは、もっと身近に「医療の情報」が当たり前に存在する世界をつくるということです。治療法や予防法、医師ら医療職の日々の取り組みなど、様々な情報を医療の側から日常的に発信し、常に社会との接点を模索し続けなくてはなりません。

今回の「病院マーケティングサミットJAPAN2021」では、医療に携わる当事者として私たちは「withコロナ時代」に何を、どのように社会に向けて発信し、そして対話すべきなのか。12月1日からの5日間にわたり、約20のセッションで、様々な角度から医療の未来像を討論していきます。

一般社団法人病院マーケティングサミットJAPAN
代表理事 竹田陽介

開催挨拶

「病院マーケティングサミットJAPAN」は、良質な医療を提供する病院が、患者や医療職(紹介元、求職者)から真っ当に選ばれるための病院広報・マーケティング手法を広く議論するために発足した、新しい医療マーケティングのシンポジウムです。今では、医療関係者を中心に1,200人を超える参加するイベントとなっています。2018年の初回開催以来、今年で4回目を迎えます。

コロナ禍は病院の、そしてそこで働く私たち医療職のあり方を見つめ直すきっかけとなりました。これまでは医療行為とは病院内で完結するものでした。具合の悪い人が病院に行き、医師とともに病院の「中」で治療を受ける。しかし、コロナで状況は一変しました。昨日まで健康だった人が突然感染し、病院だけでなく自宅やホテルを治療の場とせざるをえないようになったからです。つまり、「いつでも、誰でも、患者になり、どこでも、治療を受ける」状況となっています。

こうした社会的状況の大きな変化に対応するため、医療はどう変わるべきなのか。そのためには、医療は病院という垣根を超え、社会にもっと「打って出る」必要があります。「打って出る」とは、もっと身近に「医療の情報」が当たり前に存在する世界をつくるということです。治療法や予防法、医師ら医療職の日々の取り組みなど、様々な情報を医療の側から日常的に発信し、常に社会との接点を模索し続けなくてはなりません。

今回の「病院マーケティングサミットJAPAN2021」では、医療に携わる当事者として私たちは「withコロナ時代」に何を、どのように社会に向けて発信し、そして対話すべきなのか。12月1日からの5日間にわたり、約20のセッションで、様々な角度から医療の未来像を討論していきます。

一般社団法人病院マーケティングサミットJAPAN
代表理事 竹田陽介

Day1 12月1日(水)

Day2 12月2日(木)

Day3 12月3日(金)

Day4 12月4日(土)

Day5 12月5日(日)

11月22日、日経BPより新刊『小倉記念病院のV字 回復に学ぶ 最高収益を生み出す病医院マーケティング』(病院マーケティングサミット JAPAN編)が発行されました。

世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット2021」とコラボが決定!12/11(土)21時から、病院マーケティングサミットJAPAN2021後夜祭企画として、足の健康づくりをテーマにYouTubeライブで配信されます。

病院マーケティングサミットJAPAN2021 Zoom背景ダウンロード

画像をクリックするとダウンロード用の画像が別のウィンドウで表示されます。右クリックメニューの[名前をつけて画像を保存]を選んでダウンロードしてください。

病院マーケティングサミットJAPANは、2018年に発足された医療マーケティングの新しいコミュニティです。「病院進化論」をコンセプトに、病院を開かれた医療体験の場として捉え、社会基点から新しい病院の在り方を考えていきます。病院ファンづくり部、学会プロデュース部、医ンプレ部などの活動を通じて、病院の内外の垣根を越えた様々なイベントを開催していきますので、ご興味のある方は是非どなたでもお気軽にご参加ください。
病院マーケティングサミットJAPAN 代表理事 竹田陽介

これまでの病院に定着していたマイナスのイメージから脱却し地域社会をより豊かにして活性化し、プラスを増幅する原動力となるために、様々な活動を企画・実行するコミュニティ「病院ファンづくり部」

学会を医療従事者のためだけのものではなく、そこに関わる地域の人たちとの繋がりの中で、さらに進化させる道筋を探る。新たな学会の形を模索するコミュニティ「学会プロデュース部」

社会×医療をテーマに多様なwebイベントを企画し、医療畑のインタープレナーと産業畑のインタープレナーの化学反応を通じて、新産業共創に向けた”ワクワク”を皆で育んでいく「医ンプレ部」

病院広報、企業マーケティングのエキスパート達が一堂に会し、「病院が患者、医療職に選ばれるためのマーケティング戦略」をテーマに白熱した議論が繰り広げられる医学学会「病院マーケティングサミットJAPAN」

コロナ禍で経験した混乱、社会不安、経済と医療との分断などの様々な問題。正しい知識×優しさの連鎖で心の繋がりを取り戻す、そんな真心溢れる世界を目指すための市民参加型の公開講座「真・参密奪回作戦」

病院広報、企業マーケティングのエキスパート達が一堂に会し、「病院が患者、医療職に選ばれるためのマーケティング戦略」をテーマに白熱した議論が繰り広げられる医学学会「病院マーケティングサミットJAPAN」

コロナ禍で経験した混乱、社会不安、経済と医療との分断などの様々な問題。正しい知識×優しさの連鎖で心の繋がりを取り戻す、そんな真心溢れる世界を目指すための市民参加型の公開講座「真・参密奪回作戦」

Members

竹田 陽介

株式会社Vitaly 代表取締役

代表理事

松本 卓

小倉記念病院 医療連携課

理事

小山 晃英

京都府立医科大学 地域保健医療疫学

理事

岸 拓弥

国際医療福祉大学 大学院医学研究科 循環器内科

理事

田中 和広

チーフ コミュニケーション デザイナー

鈴木 徹

Oneself Creative 代表

アートディレクター

MASA

MC・ナレーター

Members

竹田 陽介

代表理事
株式会社Vitaly 代表取締役

松本 卓

理事
小倉記念病院 医療連携課

小山 晃英

理事
京都府立医科大学 地域保健医療疫学

岸 拓弥

理事
国際医療福祉大学 大学院医学研究科 循環器内科

田中 和弘

チーフ コミュニケーション デザイナー

鈴木 徹

アートディレクター
Oneself Creative 代表

MASA

MC・ナレーター

講演・講師のご依頼

 理事への講演・講師のご依頼はフォームよりお問い合わせ下さい

講演・講師のご依頼

 理事への講演・講師のご依頼はフォームよりお問い合わせ下さい
メニュー