20:00~日本文化は病院内の笑顔を増やすのか? 〜”人”の心に彩りを取り戻してくれる”和”の可能性〜

12月3日(木) 20:00~21:10

企画担当:広瀬雄一、末延精一朗、竹田陽介

企画の言葉:

日本文化ってどんなもの?
今の現代日本ではなかなか日常の中で楽しむことができていない。
多くの日本人の日本文化に対するイメージとしては、「とっつきにくい」「古くさい」「難しそう」ということになってしまっている。
それは日本文化側にも大いに問題があるが、単にその魅力を知らないだけという側面があるとすれば、それはとてももったいない。
和塾を通じて、「日本文化は心を豊かにする力がある」ことを実感している。
そして大切なのは日本文化との出会い方であると考える。
一方、病院についても世間のイメージとして「冷たい」「無機質」「楽しみと無縁の場所」というマイナスのイメージがつきまとっていると思う。
今回、病院の入院生活の中で、「日本文化に触れてもらう機会」をいかにして作れるかということを議論することで、その中から治療中の患者、家族の心をに少しでも豊かにし、病院での生活に彩りを与えることができる可能性を医療内外の視点を交差させて考ていきたい。

座長:竹田陽介(株式会社Vitaly 代表取締役)、広瀬雄一(和塾 世話人)
コメンテーター:末延精一朗(編集者・プロデューサー)、志水太郎(獨協医科大学総合診療医学 主任教授)

「知らなきゃもったいない日本文化〜屋内で感じる日本の四季〜」

演者:広瀬雄一(和塾 世話人)、樋口喜之(萬年堂本店 13代目当主)

ディカッション「院内で、”人”の心に彩りを取り戻してくれる日本文化体験の可能性」

全員
【病院マーケティングサミットJAPAN2020】
会場:EventHubオンライン会場

メニュー