12:30~医師が知っておきたいSNSのリスク

12月5日(土) 12:30~13:30

企画担当:岸拓弥(国際医療福祉大学大学院医学研究科循環器内科 教授)
Social Networking Service(SNS)社会によって、現場の医療職が個人としSNS社会によって、現場の医療職が個人として情報発信し、SNSを通じて新たな繋がりやムーブメントが生まれる時代である。しかし、「個人として一般向けに発信する」ことと、「組織の一員として医療従事者向けに発信する」ということでは、お互いの考えるSNSのリスクマネジメントは共通点もあれば異なる点もあろう。そこで本セッションでは、「個人として一般向けに発信する」SNSでリードしてきた先駆者達と、学会公式twitter活用で国内医学系学会をリードする日本循環器学会情報広報部会長が、1. 一般向けの情報発信において注意すべきこと、2. 組織として医療者向けに情報発信する上で注意すべきこと、3. お互いの失敗談、苦労したことについて情報交換、4. 新たにSNSを始める後輩に向けて伝えたいこと、をテーマに語り合う。

座長

Takuya Kishi MD, PhD@猫好き循環器内科医

パネルディスカッション

外科医けいゆう(山本健人)

ほむほむ@アレルギー専門医

Takuya Kishi MD, PhD@猫好き循環器内科医

 

【病院マーケティングサミットJAPAN2020】
会場:EventHubオンライン会場

メニュー