わずか10日間あまりの短期決戦で「社会の全員で向き合い考えていく医療」に向けた学会クラウドファンディングに挑戦します(11/18開始)

サミット代表理事の竹田陽介です。
お願いです。皆様の力を貸してください。

病院マーケティングサミットJAPANで、初めてのクラウドファンディングに挑戦することになりました。
わずか10日間あまりの短期決戦で「社会の全員で向き合い考えていく医療」に向けた学会クラウドファンディングに挑戦します(11/18開始)。

今年のサミットでは、病院広報・マーケティングを中心とした従来のコアプログラムに加え、社会課題×医療をテーマとした多様なプログラムを企画しました。
医療のプレーヤーを「病院の中」だけでなく「病院の外(社会)」にも広げ、社会の全員で「人々の生活に真に貢献する医療」を一緒に考えていける場を創出したいと考えています。

このクラウドファンディングでは、皆様のご支援を元に、会期中の5日間、東京、名古屋、新大阪の駅構内を「病院マーケティングサミットJAPAN2020」のデジタルサイネージで染め上げ、医療職だけでない企業関係者や市民団体の方に開催をPRしていきたいと思っています。
すでに参加登録してくださった方も、これからの方も、病院マーケティングサミットJAPAN2020への応援、どうかよろしくお願いいたします。
(今から参加登録するなら、クラファンからだと少しお得です)

実行委員会メンバーの都立墨東の大竹先生が中心となり、ゼロから手探りでクラウドファンディングを企画してくれました。
たった10日間ですが、実行委員会メンバー一丸となって、クラウドファンディングを成功させたいと思います。
無事達成したら一緒に東京駅のデジタルサイネージの前で写真を撮りましょう!!

【Readyfor クラウドファンディングページ】
https://readyfor.jp/projects/hospital-marketing

<病院マーケティングサミットJAPAN2020クラウドファンディング応援メニュー>
3,000円 サポーターコース
・御礼のメール
・サミット公式ホームページに名前掲載

12,000円 オンライン参加チケット
・御礼のメール
・参加登録チケット1枚(通常14000円)

20,000円 オンライン参加チケット+サミット公式サポーター(個人)
・御礼のメール
・参加登録チケット1枚
・サミット公式ホームページに名前掲載
・開催中、公式サポーターとしてアナウンス

30,000円 オンライン参加チケット+サミット公式サポーター(企業・病院向け)
・御礼のメール
・参加登録チケット1枚
・サミット公式ホームページに企業
・病院名とロゴ掲載
・開催中、公式サポーターとしてアナウンス

300,000円 特別web講演会権利
・御礼のメール
・参加登録チケット1枚
・感染症医師(後藤礼司、他)からの企業向けweb感染症講演会(90分)

メニュー